群星館

7月7日7周年 夜はブルース♪

%EF%BC%97%EF%BC%97%EF%BC%97%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg
7月7日7周年 夜はブルース♪
七夕の夜に生まれた
~Club ROOTS&ごっぱち&うりずん食堂~
群星館7周年合同イベント!!
「ブルース・山羊汁・泡盛でおっぱじめようぜ♪」
OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥1,500 / 当日¥2,000(1D別)
ジョニー宜野湾
西田 英明(上地流空手)
京樽BOSE
the hare rock
松竹けんしろう
―スペシャル企画―
1F ごっぱち ・ 2F うりずん食堂
波照間の野生児 周ちゃん印の
山羊汁 777円
泡波 500円
オリオン生ビール 100円

4月3日抱瓶チャリティー花見♪

 皆さんお疲れ様です!!抱瓶チャリティー花見♪は無事終了しました。
昨年から準備していた「きよ香50周年祭」は、今回の地震・津波・原発事故によって、中止になってしまいましたが、せっかく集まった皆さんの思いを「この地震で被災した東北の皆さんへ届けたい!」との一心で、出演者もほとんど変わらずに、チャリティー花見♪という形で、催す事が出来ました。
 当日の入場者は、なんと290名!!そして、この4日間で集まった義援金の総額は¥367,168円、という大きな金額が集まりました。
 集まってくれた皆さん!ノーギャラで出演してくれた出演者の皆さん!そして、不眠不休で働いてくれたスタッフの皆!!本当に!本当に有難う!そして、お疲れ様でした!!
皆さんからもらった、熱くクリーンなエネルギーを被災した人々へ届けるべく!4月13日(水)カッチン&コニタンと共に、抱瓶号に積めるだけの、水、食料、日用品、衣類、嗜好品、そして義援金などを積み込み「福島県南相馬市」へ行ってきます!
 直接行って見なけりゃ分からない事が多すぎる。日本赤十字社への寄付も考えましたが、今、本当に困っている人たちへの「支援」を考えた時に、熟慮して出た考えがコレです。
すでに先乗りしている友人や知人を訪ね、支援をしている人たちを、後方から永続的に支援するつもりで、行政の目の届かない場所や自宅避難している皆さんへ直接手渡してきます。
 
 そして、おそらく何年もかかるであろう「復興」。その人との繋がりを作って無事に帰ってきますね。
※また、このレポートの中で、今後必要なモノや情報をUPしていきますので皆さんよろしくお願いします。
炎の沖縄居酒屋 抱瓶 貫太郎

きよ香50周年祭!

抱瓶本店
きよ香50周年祭!

半世紀に一度の大同窓会!!
桜満開の上野で、大花見音楽飲み会!!

2011年4月3日(日)昼12時より
上野水上音楽堂にて

出演
大工哲弘・安里勇・伊良皆高吉&群星館三線教室のみなさん・
後冨底周二・川門正彦・松竹ケンシロウ・堀内加奈子・
川畑アキラ・島ばなな(島仲わかな、きよ香OG)・
上地流空手演武・海人エイサー・大寅会有志

抱瓶グループ・ママさん自叙伝
『ただ誠を尽くして浮世を渡る』高橋淳子
出版記念インタビュー・コーナーもあり!

チケット 2000円 各店舗にて販売中!

チケットぴあ Pコード130-503(全国)

特製きよ香弁当、沖縄そば、オリオンビール、泡盛などなど格安で販売します。

抱瓶本店・きよ香が高円寺にオープンして今年で50年!
ママさんの生まり島・石垣より豪華ラインナップがこの日のために大集合!

懐かしのあのきよ香スタッフも子供を連れて参加!
昔の常連さんも、今の常連さんも、これからの常連さんも、抱瓶・群星のお客さんも、まだ何も知らないあなたも共に祝い騒ぎ踊りましょう!

50年分の感謝をこめて!!!

■後援: 東京沖縄県人会・㈱沖縄タイムス社・㈱琉球新報社

↓下記きよ香50周年祭のチラシは、ダウンロードフリーです

Tシャツ・HPなどご自由にお使いください。拡散希望!byいさな

チラシをダウンロード>>>

出演者プロフィール
伊良皆高吉・群星館教室の皆さん
石垣市生まれ。八重山古典音楽安室流保存会・玉代勢長傳氏、琉球古典音楽安冨祖流弦声会・照喜名朝一氏に師事、安室流師範免許、安冨祖流師匠免許保持者。抱瓶グループ「群星館」の三線教室、教師。今回は生徒さんと共に八重山民謡でお祝いしていただきます。
大工哲弘
1948年沖縄県八重山郡石垣市新川に生まれる。 その島唄に愛情をこめて歌う姿勢には共感者が多い。琉球民謡音楽協会・師範、野村流伝統音楽協会・教師の免許をもつ。 98年沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者に指定される。 さらに世界の民族音楽家、ジャズやロックのミュージシャンなどとの多彩な共演活動はじめ、県内外の民謡教室での講師など琉球民謡の普及、育成にも力をそそぐ、現在、沖縄でもっとも幅広い活動をしているミュージシャンである。
2月8日琉球民謡音楽協会3代目会長就任、おめでとうございます!
安里勇 
沖縄八重山黒島生まれ 八重山を代表する海人唄者。安室流室山会師範、琉球民謡音楽協会師範。
海人(うみんちゅ)として毎日海に出るかたわら、八重山民謡の修行を積み、ソロアルバムを既に3枚リリース。現在八重山石垣島にて島唄ライブハウス 安里屋に出演中!日々の素潜りで鍛えられた一息の長い素朴な唄声に魅了され、その情唄はふか~く心に響きます・・・・
後冨底周二
昭和31年波照間島生まれ。昭和63年八重山古典音楽コンクール最高賞受賞。 平成3年、安室流保存会教師免許取得。平成7年、トゥバラーマ大会準優勝。  波照間で農作業のかたわら、八重山古典音楽安室流保存会波照間島支部/後冨底周二研究所主宰。島行事の地謡(ムシャマー等)野外ライブなどを行っている。友は人生の宝!・子牛の出産・ヤギ・波照間の風・星空ライブ♪その人柄、そして最高の歌声と三線!多くの熱いファンが今回も待っています!
永江俊昭 (陶工・唄者)                                   昭和35年 神戸市に生まれる 後冨底周二を師匠と仰ぎ、日々練習を重ね、ムシャマーの地謡としても活躍する。阪神・淡路大震災を避難民として経験の後、第2の故郷と慕う、日本最南端の島、波照間島にて陶土を見つけ「波照間焼」を興す。丹波市・谷川 牟三荘に 登り窯「東風坊託孤窯」を友人たちと完成!唄と陶芸に囲まれて生活する日々です。
川門正彦 
1967年石垣島生まれ。沖縄三線の名手。3歳から三線に触れ、小学生にしてステージに立つ。上原正吉氏の元で修行を積んだ後、93年には長間孝雄氏率いる「アヤメバンド」でギタリストとしてデビュー。      ギターの奏法を三線に導入した斬新な奏法とロック、ブルース、カントリーといったレパートリーをこなし、三線に和楽器・洋楽器を組み入れ、沖縄の伝統音楽と現代的音楽を融合させる。沖縄のミュージシャン以外にも、ソールフラワーユニオン、ジャンベ奏者ラミン・ユール・パテ氏、津軽三味線2年連続チャンピオンの木下伸一氏等ジャンルを超えた 共演多数!今回は、司会でも活躍していただきます。
堀内加奈子 
北海道出身。23歳の頃沖縄に来て大城美佐子に師事。沖縄はもちろんのこと全国そして海外まで、師匠のライブに同行。民謡クラブ『島思い』にて働きながら修行を続け、琉琉球音楽協会のコンクールで最高賞、琉球音楽協会教師免許取得。  スカバンドとのコラボや三線背負った世界一周旅行などなど、熱いソウルと持ち前の明るさで今回は司会もやってくれます!!
松竹ケンシロウ
島太鼓、横笛、三線をこなす、別名小浜の水牛!芸能の島・小浜島で音楽の家と言われる「松竹家」8代目。父、祖父、曽祖父もみな三線の名手。5歳で太鼓、中学生までには横笛・三線を身に付け、18才の頃には小浜島の結願祭(きつがんさい)の正式な演奏者に選ばれた。現在は東京を中心にライブ活動を続けているほか、東京学芸大学、国立音楽大学にて民族音楽の講師も務める。今回は小浜島伝統の横笛で参加してくれます。
川畑アキラ 
元ザ・コブラツイスターズのボーカル。与論島出身。バンド解散後、ソロアルバム”誠の島”を引っさげて、東京から沖縄に音楽の拠点を移しソロ活動をスタート!!「抱瓶」那覇店でもLIVEしてくれています。バンド時代から、圧倒的なリズム感と、その野太い声に、説得力のあるライブパフォーマンスを見せてくれる川畑アキラ。今回は彼のルーツである与論の島唄魂を、抱瓶で働く弟、川畑智史と共に「きよ香50周年祭」にぶち込んでくれます!
しまばなな(島仲わかな)
石垣島白保出身・きよ香スタッフOG
現在、沖縄本島で生まれ育った島の八重山ド民謡を唄い、オリジナル曲をつくり音楽活動してます★
♪なんど聞いても 安心・天然・無農薬 ♪♪~ うたう しまばなな ~♪
ハッシャビよー!今回はお世話になった「きよ香」お祝いに、沖縄から駆けつけてくれます!
きよ香オールスタッフと舞台に花を添えてもらおーねぇ。フクラハユ~♪
上地流空手道宗家直系 東京修武館「群星館」 師範:新垣広富
上地流は、沖縄三大流派(剛柔流、上地流、小林流)のひとつ。開祖上地完文が中国に渡り、中国の武人周子和に教えを受けたパンガイヌーン拳法が基になっている。首里手、那覇手、泊手などの手 (沖縄武術)の流れではなく、本来の意味での唐手の流れをくんでいる。今回は日頃「群星館」で修行している皆さんで、空手・古武道の演舞をしていただきます。
海人(エイサー)
結成15年。「海人」は、東京エイサーシンカより分派。踊りを極めたいと立ち上がった数名によって、どこにも真似できない踊りを作り上げ、今に至る。
■エイサー海人の柱■エイサー海人は、エイサーを踊る為に集う集団です。エイサーを踊ることの意味を追求していきます。踊りや型を継承していきます。地元東村山に関心を持ち、地域を愛する団体を目指します。(元きよ香スタッフ:ヨッシーも出るよ!)
大寅会 有志の皆さん 
石垣島出身のママさんの熱き同級生(寅年・昭和13年生まれ)の皆さん。
今回は、なんと石垣島・沖縄本島から、この度のお祝いに、ツアーを組んで来てくださいました。シカイトゥ ミーファーイユー♪そしてなんと!東京にいる寅年の皆さんと、なにやら、「やいま風」のお祝いをしてくれると云う事です。乞うご期待!!
髙橋淳子 自叙伝「ただ、誠を尽くして浮世を渡る」の出版記念イベント
ママさんの自叙伝の出版を記念し、ママさんの同級生や、伊良皆高吉先生、昔からの常連さんである、県人会青年部の當眞嗣光さんを招き、上京してきた当時の様子や、これまでの歩みを、ママさんと一緒に熱く語る、インタビューも用意しています。